Home = ネット競馬

ネットを使って競馬をする方法

 最近は競馬場や場外馬券場で馬券を買う人もかなり減って来ました。スマホの普及が大きな要因だと思いますが、しかし、年配の方や初心者の競馬ファンの方でJRAのインターネット投票サービスの登録をされてない方もおられるのでJRAのA-PATと即PATの登録を書いておきます。

 

即PAT

 即PATをクリックして、JRA公式サイトから即PAT欄の「申し込む」をクリック→「楽天銀行で申し込み」をクリック→同意するにチェックを入れて「次へ」をクリック→各項目を記入して「確認」をクリック

 即PATに登録する前に楽天銀行に口座を作っておく方がスムーズに登録が出来ます。

 

 海外のオンラインカジノの口座はエコぺイズが最も便利なように、日本のギャンブルの口座は楽天銀行が最も便利だと思います。ネットで競馬をされる方は楽天銀行に口座があるとコンビニからの入金で土曜日でも日曜日でも入金出来るのでネット競馬をされる人にとっては土日に使えるのが必須条件だと思います。

 土曜日の深夜にある競馬のニュースや競馬番組などを観て、日曜日の競馬を買いたいと思っても、普通の銀行を使って入金しても翌営業日に入金なので月曜日になってしまいます。当然ながら日曜日のレースには間に合わないので場外馬券場や競馬場に行かないと買えないってことになりますが、楽天銀行から入金で即PATを利用すると土曜の深夜にコンビニに行けば、日曜日の出走までに間に合うので、銀行が休みの土曜日と日曜日に開催される競馬では楽天銀行などのネットバンクを使うのが必須となるのです。楽天銀行の登録方法は

 

 楽天銀行から公式ホームページに行き、「まずは無料で口座開設」をクリック→「楽天会員に新規登録(無料)してサービスを利用する」をクリックして楽天会員登録をします。現在楽天会員登録をお済みの方も新規で競馬専用のIDを作られる方が何かと使い易いと思います。

 楽天銀行は、競馬だけでは無く、他のギャンブルでも使えるので、競馬専用というよりもギャンブル専用のIDと口座を作る方が管理が楽になると思います。

 

 JRAの競馬に関しては即PATがあれば、中央競馬も地方競馬もネットで買うことが出来ますが、地方競馬に関しては即PATだけでは少々もの足らないと思います。

 中央競馬であればスポーツ新聞やニュースなどで多くの情報を得ることが出来ますが、地方競馬は圧倒的に情報量が足りません。そこで利用するのが、楽天競馬とオッズパークです。

 両方共、地方競馬を買うことが出来るのですが、馬券を買うのは即PATでいいのですが、楽天競馬とオッズパークには馬券を買う目的では無く、情報収集の為に登録だけしておくこと便利です。

 2つを併せると相当な情報量になるので、元々情報量の少ない地方競馬を楽しむには楽天競馬とオッズパークを利用すると予想を楽しめるだけの情報を十分に得ることが出来る様になると思います。

 

 楽天競馬から、楽天競馬の登録ページに行き

 「口座を登録する(投票会員登録)」をクリックして各項目を記入して下さい。楽天銀行の口座を持っていれば簡単に登録が出来ます。

 

 続いて、オッズパークの登録方法ですが、オッズパークは地方競馬だけでは無く、競輪の車券もネットで買うことが出来るサービスなので競輪に興味のある方も登録しておくと便利だと思います。

 

 オッズパークから、登録ページに行き

 画面の右上にある「新規会員登録」をクリック→「新規会員登録のご案内」をクリックして→「楽天銀行会員のご案内」をクリック→「楽天銀行で会員登録」をクリックして各項目を記入して下さい。

 楽天競馬とオッズパークは予想や印などの確認をする為に利用されると便利です。

 

 以上が日本の競馬を買う方法ですが、他には競艇は、競艇ネット投票に登録されれば競艇もネットで買うことが出来ます。

 また、サッカーくじのtotoや宝くじのロトなどはtotoネット投票を利用するとネットで買うことが出来ます。

 しかし、totoに関しては、左のメニューのその他のカジノの欄にあるウィリアムヒルスポーツから買う方が配当は高くなります。しかも、海外の競馬や日本のプロ野球も買えるのでスポーツ関係のギャンブルに興味のある方やスポーツ観戦に興味のある方にはかなりおすすめです。